NEWS

2018年3月30日 金曜日

【お客様の声】―先を見越した選択をし続ける。―(野口佑さん)

 

 

今回は介護職から異業種へのチャレンジで見事内定をつかみ取った、

野口佑(のぐちゆう)さんをご紹介致します。

 

 

 

人の役に立てる仕事

 

 

・本日はよろしくお願い致します。

アウスタに出会う前のお仕事について教えて下さい。

 

野口さん:

病院の療養病棟で、介護士の仕事をしていました。
赤十字病院等の大きな病院で手術や治療をされていた方が、
長い時間をかけて療養される際に入院をする場所です。

 

・具体的にはどんなお仕事内容でしたか?

 

野口さん:

基本的に日常生活における介助作業を担当していました。
体の向きをかえたり、食事の介助をしたり。
患者さんが、入院生活の中でも楽しんでもらえるようにレクリエーションの実施をすることもありました。

 

・前職を選んだきっかけは?

 

野口さん:

大学の後半はやりたいことがなく、趣味もなく、バイト三昧でした。(笑)

「この先どうしようかな」と改めて考えた時に
働くなら、人の役にたつ仕事をしたいなぁと思ったんです。

思い返せば、祖父の介護の経験がきっかけだったのかもしれないですね。

人と人とのつながりが大きくあって、人の役にたてる仕事が介護職だなと思い、
ヘルパー2級を取得したタイミングで声をかけてもらえたこともあって、
前職に入社をしました。

この仕事を通して生まれた価値観

 

 

・このお仕事は一言でいうと、どうでしたか?

 

 

野口さん:

「介護の仕事をやってよかったな」です。
現実的な話として、
人の、年をとって老いた最期の部分に関わることができるのは、
この業界だからこそだと思うんです。
一般的な社会人としてだと、感じられないことを多く経験できました。

人間誰しもが、平等に、そうなるときがくるということ、
社長をやっていた人でも、昔はかっこよかっただろうなという人でも例外なく、です。

本人とだけじゃなく、家族との関わり方に触れる機会もそうですし、
この仕事に携わらなかったら、
自分が年をとったときの事は考えなかったと思います。
きっと自分とは関係ないことだと思ったままだったと思うんです。

その方の人生がわかる瞬間に携われたことが、
人生経験として、とても意義のあったことだと思えます。

 

・この仕事を通してだったからこそ気づけたことが多くあったのですね。
お仕事を経験する前と後で、かなり価値観が変わったように思うのですが。

 

野口さん:

仕事を始める前は、人の生きる道のような、自分はこうじゃなきゃいけないという
卒業して、働いて、結婚してというような固定観念強かったように思います。

どういう風に生きても最後は亡くなっていきます。
そうであれば、とにかくやりたいことをやった方がいいなと思いました。
どれだけ大変であっても自分のやりたいことを、
努力し実践していった方が絶対いいという価値観が生まれました。

 

 

選択の仕方が変わりました。

 

 

・どう生きるのかは自分次第ということですね

 

野口さん:

以前は、その時が良ければいいと考えがちだったのが、
将来のためになるなら、大変でもまずはやってみようと思えるようになりました。
仕事でも人間関係でも、まずは自分から近づいてみよう、
それで怒られても嫌われてもいいから、
とにかくアクションしてみようという気持ちが生まれました。

 

・色々なことが学ぶことができた職場を卒業した理由は?

 

野口:
自分が甘えているんじゃないかという思うようになったことが

転職を考えるきっかけでした。
慣れももちろんあると思うのですが、これじゃいけないな!と感じていました。
同じ介護の仕事に転職したら、同じことのくりかえしになってしまうのではないかと思ったんですよね。
なので思い切って業種を変えようと、幅広い視野で転職活動を行いました。

 

・まったく違う業界への転職は不安はありましたか?

 

野口:

不安はありました。

ですが、まったく知らない世界なら、誰しもがゼロからのスタートなので
逆に振り切れたのかもしれないです!(笑)

 

 

 

 

・アウスタはどんなキッカケで知ったのですか?

 

野口:

最初はご縁があって、池田さんから牛田さんをご紹介いただきました。
偶然に偶然が重なっての出会いだったので(笑)
初対面の牛田さんに対しては、
率直にここまで丁寧に説明してくれるんだ!ということを感じました。
そういった縁もあったからこそ、信用してもいいのかなと強く思いました。

 

・転職を考えた時になにを意識されましたか?

 

野口さん:

まず牛田さんに伝えたのは
・自分が成長できる仕事
・多少大変だとしても自分が学べたり成長できる会社に入りたい
という2点をお伝えしました。

その条件をもとに4つほど紹介していただきました。
どこも研修期間が整っていて、資格もゆくゆく取れる環境がそろっていて
更には諦めていた大きい規模の会社もご紹介いただけて、
自分から大丈夫ですかね?と質問したくらいでした(笑)
「僕は野口さんがいけないと思うところは紹介しないですから」

と言ってくださって、
真面目に考えてくださるだけじゃなく、プラスにもっていってくださる姿に
改めて信頼できるなと思い、牛田さんにおまかせしたいと思えました。

 

・転職先を選んだ決め手はどんなものでしたか?

 

野口さん:

決め手は2つあって、

自分の中で、ITの知識をゆくゆくは勉強したいと思っていました。
これから先必要になるスキル、分野だなと感じていたんです。
2つ目は具体的な目標がより定めやすかった点からエンジニア職を選択しました。

 

 

自分が成長できた業界に恩返しを

 

 

・具体的な目標というのは?

 

野口さん:
まだ入社していないし、たいして勉強もできていないので実現可能かは置いておくとして(笑)
自分の中で大きい目標にはなるのですが
エンジニア職で力をつけて、もともといた介護職、福祉に還元したい、
貢献したいと考えています。

IOTが福祉の分野で今後より必要になってくるんじゃないかなと思うんです。
福祉業界で問題となっている点で人手不足が挙げられます。
人が少なくても介護ができる仕組みが作れるんじゃないか、
実力をつけてもう一度携われることができたらなと考えています。
また、牛田さんの相談にのっていただいている姿をみて
コンサルティングの仕事にも興味があります。
人の困っていることを解決することに、直接通じると思うからです。
その目標、なりたい自分になるために
今なにをしなきゃいけないかを考えたときに、エンジニア職を選択しました。

 

・将来に重点をおいて物事を考えていらっしゃるんだなということがよくわかりました!
最期に意気込みをお願いします。

 

野口さん:

「1万回失敗する」ことを実践します!
器用じゃないので、間違って怒られて学ぶしかできないなと思ってます。
失敗してやろう。怒られよう。それを目標に成長していきたいです。
口だけにならないように、頑張っていきます!
また牛田さんのお世話にならないように(笑)

 

 

Share Button

カテゴリー