NEWS

2018年2月23日 金曜日

【お客様の声】—過去より、楽しい今を生きる。― (小川涼さん)

今回は、諦めずにアウスタで人間力をつけ、見事ご自身が一番納得できる働き方を叶えられた

小川涼(おがわりょう)さんをご紹介します

 

 

印象に残る一言で決意した入社

 

 

・本日はよろしくお願い致します。

アウスタにはいる前についてお伺いしてよろしいですか?

 

小川さん:

大学卒業後は新卒でハウスメーカーや不動産を扱っている会社に入社しました。
私が配属されたのはリフォームの部署で、主に個人のお客様のリフォームを担当していました。

 

 

 

・具体的にはどんなお仕事内容でしたか?

 

小川さん:

外装も内装も、両方の営業を担当していました。
自分でテレアポや飛び込みで営業をかけて、訪問してという流れでしたね。

 

 

 

・このお仕事を選んだきっかけは?

 

小川さん:

前職を選んだきっかけは、
在学していた大学に企業説明会にきた営業の方がいたのですが、その時に印象にのこった言葉があったんです。
その言葉が、

「ひとりのお客様や、相手のことをひたすら考えて、

一番よくなるにはどうしたらいいのかを考える仕事です」

その言葉をきいて、すごく自分の性格に合うなと思ったんです。
当時堅物な性格だったので(笑)、お客さまのためになる仕事をしたいなと考えていて。

ちょうど当てはまったんですよね。

 

 

 

・今でも鮮明に覚えているフレーズなんですね。

実際に働いてみていかがでしたか?

 

小川さん:

ギャップももちろんありましたけど、
その心に残った言葉を実践するのは、自分が知識をつけないとできないことだったんですよね。
知識をつけるのは大変でしたし、それだけじゃなく売り上げやノルマを達成していかないといけなかったですし。
お客様は求めてないのに、話をして、興味を持ってもらって、という営業活動はすごく大変でしたね。

 

 

・アウスタはどんなキッカケで知ったのですか?

 

小川さん:

部署は違ったんですけど、歳も近くて、すごく目をかけてくれていた先輩がいたんです。
次の仕事のこととかを決めずに、とにかく先に辞めようと思って。

退職することをその先輩に話をしていたときに
「俺の友達が仕事の紹介やってるから、紹介するよ~」って言ってくれたんですよね。
その時に紹介してもらったのが児玉さんでした。

 

 

新しい環境での再チャレンジ

 

 

・その時にお話しされた内容はどんなものでしたか?

 

小川さん:

できるだけ人と関わらない仕事がしたいと話をしてたんですよね、
人間関係が嫌になってたんです。
どうしても波長が合わなかったり、お客さんに会うのも嫌になってました(笑)
話すのも大変だしマニュアル通り、もくもくと作業をしてた方が性に合うなぁと思ったんです。

けど児玉さんに、今の希望の職種だと先細りになる業界になってしまうから、
今は人づきあいのレベルとしては難しい営業という業界にいるけど、
ひとつ下のレベルで、何か別のことを考えていきませんかと提案されたんです。
一回でそのレベルにいかなくてもいいので、仕事力や人間力をつけるのはどうですか?
というアドバイスをもらい、ドコモショップの仕事を紹介してもらいました。

 

 

 

・すごく鮮明に覚えてらっしゃいますね!

 

小川さん:

このやりとりは、結構印象に残っていたやりとりだったのですごく覚えています。
その時ハローワークでの求職も同時進行で行っていたんです。
実はハローワーク経由で事務職も受かっていて、
どうしたらいいですかと児玉さんに相談したんです(笑)
最初は人間力をつけたほうがいいとアドバイスをもらって、
ドコモショップでチャレンジすることを決めました!

 

 

判断を委ねられる相手

 

 

・ハローワークのお仕事も内定が出ていたにも関わらず

アウスタを選んでいただいた決め手はなんだったのでしょうか?

 

小川さん:

一番の理由は、紹介してもらったという理由もありましたが、
ここまで手伝ってくれた児玉さんへの感謝の気持ちもあります。
児玉さんがそっちの方がいいよって言うんだったら、行こうかなって思いました。

 

たぶん、その時ちゃんと判断ができない状態だったと思うんですけど
児玉さんに判断をゆだねた部分もありますね。

 

いまだから言えるんですけど、
あのままいってたら、また人間関係のなやみで落ち込んでたと思うんです。
ドコモショップの仕事は本当にやってよかったと思ってます。

 

教えてもらいながらできたのがすごくよかったなと思います。
メモをとりながら仕事ができる環境が、仕事を覚えることに繋がったと思います。
あとは上司と部下っていう関係がしっかりあって、相談できる環境もよかったです。

 

 

自信がついた自分

 

 

・素敵な共有をありがとうございます。

このお仕事でなにか得られたことや、ご自身の変化はありましたか?

 

小川さん:

じぶんに自信がついたな、と思えるのが変わったことですね。
前職では、期待されていることができなかったんですよね
ドコモショップの職場ではむしろ逆に、こういうこともできるんだねというような言葉を多くかけてもらえて、
必要とされるという場所があったので、そこがすごく大きかったと思います。

 

転職するときに、こういうことやってきました、こういうことができます、
こういう風に求められて仕事をしてきましたということが言えて
改めて確認できたのも自信につながってますね。

 

すごく手厚くサポートをしてもらったので、スムーズに転職できたなと思います。

 

 

・小川さんがやってきたことを活かした転職ができたんですね!

最後に今後の目標を教えて下さい。

 

小川さん:

抽象的にはなるのですが、今のこの楽しい生活を続けていけたらいいなと思います。

お金にもこまらないし、仕事もあるし、彼女と一緒に過ごして
その通過点のなあで結婚があって、そのまま続けていけてらいいなと思うのが大きいです。
たしか児玉さんに過去に戻りたい?って聞かれたことがあるんですけど
過去にはもどりたくないないですね(笑)それぐらい今が楽しいです。
いまより楽しいことってあるのかな?って思うんですよね。
というより今の楽しい時間を大切にしながら、次のステップでも頑張っていきたいと思います。

 

Share Button

カテゴリー