NEWS

2017年7月31日 月曜日

【お客様の声】2年間で培った自信を元に、次のステージへ(熊倉さん)

 

(写真左が熊倉さん、写真右は担当社員の與那城)

 

 

今回は、弊社と関わり3年になるスタッフ熊倉さんをご紹介します。

熊倉さんは2年間接客販売の仕事を通してコミュニケーション力を付け、現在はカード販売の仕事をしながらエンジニアになるための勉強をしています。

 

 

「まず2年間頑張ろう」

 

 

・アウスタと出会う前のことをお伺いしてもよろしいでしょうか?

 

熊倉さん:

大学在学中は特にやりたい仕事も無いまま就職活動をしていました。

一社内定をもらいましたが、転勤が多いという理由で内定辞退をして、そのまま就職先が決まらぬまま大学を卒業しました。

卒業した後はイベントスタッフのバイトを週2日だけやってて、半年以上経ったころ”そろそろまずいかな”と就職活動をしている最中に、與那城さんをキッカケにアウスタと出会いました。

 

 

・就職活動を再開した時は、どんな仕事を探されていたんですか?

 

熊倉さん:

大学では環境系のことを専攻していて、その関係の仕事を求人サイトやハローワークで何となく眺めていました。

でもいまいち自分に自信がなく、やりたい仕事がわからない状態でした。

そのことをアウスタに相談したときに、

「まずは2年仕事を続けて、社会人としての基礎を身に付けよう。そのあいだに自分の方向性を決めていこう」

とアドバイスをもらいました。

そのアドバイスを受けて「いまの自分より成長出来るのであれば」と思い、ドコモショップの仕事を紹介してもらいました。

 

 

「周りの人の助け」で乗り越えた2年間

 

 

・ドコモショップで働き始めの頃はどうでしたか?

 

熊倉さん:

出だしは正直キツかったです。

人と話すのが得意な方ではなかったですし、覚えることも多くあって、「続けられないんじゃないかなぁ」というのが本心でした。

それでも続けられたのは、「周りの人の助け」があったからだと思います。

お店の先輩は優しく、仕事終わりに食事に連れて行ってもらったり、良く面倒を見てもらいました。

 

・そのおかげで「2年続ける」という目標を達成できたわけですね。

 

熊倉さん:

そうです。後々お店の先輩に聞くと「絶対すぐ辞める」と思われていたみたいですが(笑)

そう思われるのも無理はないほど、コミュニケーション力が無かったので。

でもそんな僕でも2年経つぐらいの頃には「頼りがいが出たね」と先輩に褒めてもらえるほど成長しました。

頑張って続けることは大事なんだなぁ、と身をもって知ることができましたね。

 

 

2年間で培った自信を元に、次のステージへ挑戦中

 

 

・ドコモショップの2年を経た今、熊倉さんの目標は何ですか?

 

熊倉さん:

エンジニア職を目指してます。

クレジットカード販売の仕事をしながら、アウスタから紹介してもらったプログラミングスクールに通ってます。

全くタイピングが出来ないところから初めて、今ではCSS言語のJava Scriptを勉強中です。

 

・エンジニアになるという目標が見つかったキッカケはどんなことですか?

 

熊倉さん:

私は学生時代から電子書籍で本を良く読んでいて、ドコモショップに勤める間で電子書籍関係の仕事に興味を持ちました。

そのことを與那城さんに相談しながら、エンジニアを目指す方向性を自分の中で固めました。

 

本は知識や情報が多くつまっていて、ヒトの心を豊かにするものです。

エンジニアとしての腕を磨き、電子書籍に関わり、人の心を豊かにする情報発信をするのが現在の夢です。

 

・熊倉さんが目標のエンジニア職になれるよう、これからもアウスタはサポートしていきます!

 本日はありがとうございました。

 

 

Share Button

カテゴリー