NEWS

2017年7月14日 金曜日

【お客様の声】―”私にもできるかも”と気付かせてもらえた―(須貝さん)

 

 

今回は弊社を通じ介護の仕事と出会い、

来月から派遣先の社員へステップアップされる須貝さんをご紹介します。

どのような経緯で介護職にチャレンジしたのか、そして介護職の楽しさや魅力今後の目標などをお伺いしました。

 

 

”私にもできるかも”からスタート

 

 

・アウスタに出会う前はどんなお仕事をされていましたか?

 

須貝さん:

高校を中退してから色んなアルバイトをしていました。

介護職の前は仲が良い友達の影響で理髪店に勤めていて、楽しく仕事は出来ていたのですが色んな事情が重なり理髪店を退職しました。

その後仕事を探しているときに知人にアウスタを紹介されて、児玉さんに仕事の相談に乗ってもらいました。

 

・児玉に相談をする前に、自分でやりたい仕事はありましたか?

 

須貝さん:

特にやりたい職種もなく、次の仕事どうしようかなぁという感じでした。

それで「どんな仕事が私に向いてますか?出来そうですか?」という質問を児玉さんにした覚えがあります。

事務職や販売職、IT、秘書業務などの色んな職種のお話しを聞いた中で、介護職が一番”できるかも”と思いました。

 

・”できるかも”、と思えたポイントはどんなところでしたか?

 

須貝さん:

未経験からでも始められる、活躍できるのが魅力的でした。

あと前職の理髪店では、よく老人ホームに出張カットに行ってました。そのとき高齢者の方々との交流が楽しかったんですね。

そのことを児玉さんに話したら、

「介護職向いているんじゃないですか?チャレンジしてみましょう!」

と背中を押されて介護職を始めた、という感じですね。

 

 

入居者様の喜びが何よりのやりがい

 

 

・いま現在介護職を初めて3ヶ月目ですが、お仕事の状況はいかがですか?

 

須貝さん:

入居者さんが家族のように接してくれて、楽しく仕事ができています。

プライベートな話しを聞いてくれますし、入居者さんが私の表情を見て「何かあったの?大丈夫」と声を掛けてくださることもあります。

またシャンプーや髭剃りは理髪店の時の経験が活かせるので、率先してやるようにしてます。

入居者さんも非常に喜んで下さるのが、何よりのやりがいですね。

 

・楽しく仕事が出来ているのは何よりです。日々のお仕事で心掛けていることがあれば教えてください。

 

須貝さん:

入居者の人に少しでも喜んでもらえるよう、配慮を怠らないことです。

お食事の際は入居者様のペースに合わせて口に食事を運んだり、排泄介助をするときは戸を開けっぱなしにしないなど、相手の気持ちにたった行動を心掛けています。

 

 

やりたいことを見つけるために、今を頑張る

 

 

・最後に須貝さんの将来の夢をお伺いしたいです。

 

須貝さん:

明確な目標はいまはありません。

ただ最近いろんな仕事に興味がでてきました!

インテリアデザイン、理容業界、保育業界、学芸員、秘書など。

 

・それは良い変化ですね。

 

須貝さん:

介護職に就いて「出来ることが増えた」という実感があります。

楽しく仕事ができていて充実してますし、新しい仕事も任せてもらえたりもしてます。

まだ今の仕事を初めて3ヶ月なので、もっと今の仕事を頑張って成長していきたいです。

そして何かやりたいことが見つかった時に、いつでもチャレンジ出来るぐらいに自分の力をつけていきたいと思っています!

 

・是非やりたいことが見つかるといいですね!何か相談があれば、いつでもいらしてください。

 本日はありがとうございました。

 

 

Share Button

カテゴリー